電子ブレーカーを取り入れて節約をしよう【LETs電気料金削減】

電気

暖房器具の長所と短所

電気

電熱ヒーターは。空気を汚さないクリーンな暖房器具で、体を温めるのも早いですが、光熱費が高くつき、広い部屋全体を暖めるのには不向きです。狭い所を局所的に暖めるのに適しています。電熱ヒーターは用途と使用上の注意に気を付ければ大変すぐれた暖房器具と言えます。

Read More...

イチオシリンク集

  • BRITA

    浄水器選びで困っている方必見です!いつでも美味しいお水を飲むことが出来るので、多くの人々から支持されています。

コスト削減に利用できます

ブレーカー

電子ブレーカーならば、従来の方法よりも多くの電気が流れてきた場合、適切に対応します。電気代を安くするためには、契約容量を減らすことが必要になります。必要な契約容量を知るためには、しっかりとした調査をしてもらうことです。

Read More...

電気料

電気

電気代削減をするには様々な方法があります。その中に、契約方法を変えるという考え方もあります。電気代の見直しに活用して、電気代削減を測りましょう。太陽光発電の導入についても視野に入れると、さらなる削減が可能です。

Read More...

電気基本料金を削減

導入とサポート

電気

電気基本料金を削減するなら従来のブレーカーより、電子ブレーカーがいいと思います。電子ブレーカーを導入して電力会社と契約を変更すれば、従量電灯と低圧電力の基本料金を削減することができます。電子ブレーカーの製品能力だけでなく、事前調査、保守点検、緊急時の対応まで長期的なアフターケアを提供するサービスがあります。2005年以来の37000台に及ぶ導入実績があり、工場、マンション、商業施設、高速道路、コンビニまであらゆる業界が導入しています。電子ブレーカーは、従来のブレーカーと違いCPUによって電流値を測定し法律で定めた許容範囲の最大までプログラムされていて、平均削減率は50パーセントに及びます。また製品は電気用品安全法に基づくPSEマークを取得していて、高い信頼性を保っています。

特長と削減

電気料金の体系は、基本料金に使用料金をプラスすることで決まります。低圧電力(200V)は契約電力×料金単価×力率割引の計算式で成立しています。そして契約電力には負荷設備契約と主開閉器契約の2種類があり、どちらを選択するかで料金が変わることがあります。基本料金を下げるには契約種別を変更して、契約電力を下げる必要があるのです。つまり電子ブレーカーを導入することで、契約電力が大きく下がりコスト削減ができるのです。通常のブレーカーは契約電力より、かなりの余裕を持った大きな定格容量なのに対して電子ブレーカーは定格以上の電流が流れても、主開閉器契約をうまく組みあわせて契約電力を下げることが可能です。使用状況にかわらず所有の機械容量を足すことで契約電力が決まる負荷設備契約より、実際に流れる電流から主開閉器の容量が決まる主開閉器契約の方がコスト削減につながるのです。